おやじは荒野をめざす【カナダ編】

30年間続けた塾を閉じ、私は北極海をめざす旅に出た。物好きオヤジの旅の記録が教え子たちへの課外授業となってくれることを願って、このブログを綴る。

(14) なぜ日本人は英語が上手くならないのか?

 今日は教え子のN君とMさんに登場してもらい、日本人の英語について論じてみたぞ。 

N君 先生、お疲れ様です。随分頑張ってるようで大いに励みになります。でも、英語、大して上手くなってないんじゃナィですか?

私 のっけから核心をついてくるのう。しかし、ハッキシ言って余計なお世話です。

Mさん 最初のテストが6点ていうのはショックだったんじゃないですか、お歳だし。

私 ケンカ売ってんじゃねーの、、、ま、いい。あんなのは屁の河童。テストで良い点が取れない君たちの気持ちがよーく分かりました。その意味で、大変貴重な体験であったと、ウフォン、思っとります。

N君 相変わらず誤魔化すの上手いですね、さすがです。で、そちらでの日本人の英語ってどうなんですか?

私 ペラペラの人もたくさんいるよ。でも、全体で見ると、苦労してる割に身につきにくいかなぁ。日本人は恥ずかしがり屋が多いし、日本人同士で固まりやすかったりする。そういうのが英語上達の足を引っ張ってる気がするよ。

Mさん じゃあ、私なんかチョー内気で人見知りだから無理ですね。受験では、英語だけは真面目に勉強したんだけどなあ。

私 君は誰とでもデカイ声でベラベラしゃべるから大丈夫。それに、受験英語はそれなりに役に立つ。でもね、人間出会ったら、まず聞いてしゃべって、、、ってとこから始まるよね。日本人はそれが下手なの。日本の英語教育は今だに「聞く・しゃべる」より「読む・書く」優先だからね。それがいけないんだ。

N君 高校じゃサッカーとバイトばかりで、英語なんて高校受験の後はまともにやってないから自分はダメっすね、きっと。

私 いやいや青年、諦めるのは早いぞ。中学んときの英語があれば基本は大丈夫。それと大事なのは度胸。

N君 度胸かあ。ぼくちん、ビビリだからなぁ、、、

Mさん 私もビビリギャルなんです、先生。

私 ナニ言ってんだか、、、若者よ、元気出さんかい!中学の英語とちょっとの度胸があれば、英語ワールドが開けるんだぞ。それに、度胸ったって、そんな大それたもんじゃない。恥ずかしいって思いを少しの間だけ気持ちの奥に押し込めればいいだけなんだ。最初の一言、二言が出れば、後は中学英語で何とかなっちゃう、タブン、、、

Mさん ほんとかなぁ、、、兄貴が使ってたスピードなんとかっての家にあるから、ちょっとやってみようかしら、、、

私 おお、いいんじゃないか。スピードなんとかとか、駅前留学とか、今はラインでの英語個人レッスンなんてのもあるらしい。色々試して見るといいよ。ただしね、一つ言わせてもらうと、英語ペラペラへの道で欠かせないのは、「壁」を乗り越えるってことなんだ。ガイジンと自分を分け隔てている「壁」を乗り越えること、「ガイジンも自分も同じなんだな、肌の色や見てくれや言葉は違っても、自分と同じなんだな」って感じられれば、その「壁」はすっと消えている。だから、日本で1年間真面目に英語を勉強するより、例えば夏休みの1ヶ月外国に行ってガイジンと生の英語で話す、この体験がスーパー大事なんだよ。

Mさん・N君 なーるほど。先生、少しはいいこと言うんですね。ありがとうございました。

私 いやいや、どーいたしまして。この続きはまた、どこかで話しましょう。

 

f:id:ilovewell0913:20190401231555j:plain

男女の違いは大きな意味を持たない。 世界の国々から、様々な考え方、人種、宗教、文化、年齢の人たちが集まる。そして、それぞれの目的意識や勉強に対する熱意もバラバラなんだけど仲間になり一緒に勉強する。一生の財産になる得難い経験。

 

(13) アレンじいさん〈その2〉

f:id:ilovewell0913:20190323125610j:plain
f:id:ilovewell0913:20190323125639j:plain
左:写真を撮ろうとしたら、慌ててボロジャンパー脱いで行儀よくカメラに収まった。  右:クルーザーを引っ張り上げ、さらにその後2時間かけて水洗い。海の男のルーテイーン。

 5時間のクルージングが終わりハーバーに戻った。「キヨシ、クルマを取ってくるから、このロープを持っていてくれ。クルーザーが波に持ってかれちゃうからな。しっかりホールドしとけよ」。アレンはフォードの馬鹿でかいピックアップトラックを水際まで進める。後部に取り付けられたクルーザーのキャリアは半ば水の中だ。トラックから降りたアレンは斜めに傾斜した滑りやすい桟橋を、体を少し右に傾けながらゆっくり歩いてくる。そして、「足元がだいぶ覚束ないな」という私の心配を一蹴するかのように、やおら水の中に靴のまま進み、クルーザーにロープを固定し始めた。8月とはいえ、北国の海は冷たい。しかも海底は海藻で滑りやすいというのにである。ロープを固定し終わり、今度はウィンチアップでクルーザーをキャリアに載せる。電動ウィンチなら簡単だろうが、アレンのは人力でガラガラカチカチ、ワイヤーを巻き取らなければならない。アレンが巻き取りの作業を始める。ガリ、リ、リ、リ、とギヤのクリック音がする。ゆっくり、少しずつ、クルーザーがキャリアに近づいてくる。アレンは何食わぬ顔で把手を回そうとするが、キャリアに近づくにつれ船体が水面から引っ張り上げられ、海水の浮力が減った分重くなる。そして把手を回すのがしんどくなる。アレンの顔は赤から青に変わってきた。「アレン、俺にもやらせてくれよ。アレンにばっかりやらしちゃ申し訳ないし、俺にも"海の男の仕事"を手伝わせてくれよ」。「そうか、お前もやってみたいか。ま、いいだろう、、、」とポジションを替わる時、アレンがゼイゼイ息を切らしているのがはっきり聞こえた。

 

 エドの家に帰ったのは夕食前だった。「キヨシ、今日の船旅はどうだった?」とキャリアナが聞いてきた。「サイコーだったよ。アレンは俺の人生の大先輩だよ」。そう聞いて、キャリアナも嬉しくなったのだろう、下の紙片を私に寄越した。

f:id:ilovewell0913:20190330114322j:plain
f:id:ilovewell0913:20190323125520j:plain
アレンじいさん最高!私もアレンじいさんみたいな歳の取り方したいな、周りはちょっとタイヘンだけど。

【お知らせ】今後、Wi-Fiはもとより携帯も繋がらない場所に行きますので、今までのように定期的にはアップできなくなります。でも、週2回のペースは崩さないようにしたいと思っています。よろしく!

 

 

(12) アレンじいさん〈その1〉

 エドの家には色々なお客さんが来る。友人、知人、以前ステイしていた人、親戚などだけど、1ヶ月もしないうちに、私はそれらの客人をもてなすメンバーの一人になっていた。勉強が忙しかったり疲れているときは「なんでやねん、、、」と思うが、ホームステイというのは家族の一員のようにすることらしいし、これも異文化体験だ。余程のことがない限り参加し協力するようにした。 

f:id:ilovewell0913:20190323125448j:plain

左からエド(ホストファザー)、クレイトン(キャリアナの弟さん)、マナ(以前のステイメンバー。後で復帰)、ジューン(キャリアナのお母さん)、キャリアナ(ホストマザー)、アシュウィン(以前のステイメンバー。超優秀なITエンジニア)、アレン(キャリアナのお父さん)

 アレンじいさんはキャリアナのお父さんで92歳。以前は車の修理工をやっていたが、今はリタイヤして、86歳になる妻のジューンとひっそり二人暮らしだ。で、どういうわけか、私はアレンと気が合う。アレンは実に元気がいい。声もでかい。とても90代には見えない。下ネタが大好きで、クイズをすぐに仕掛けてくる。私が答えられないと「お前、そんなのも分からないのか。しょーがねーなぁ、答えはな、、、」てな感じ。逆に私が英語のトンチを出して、例えば「赤い顔して紙をパクパク食べるの、なーに?」とか「未亡人が海水浴に行きました。砂浜で食べるお弁当はなんですか?」なんてのだが、答えられないと実に悔しそうな顔をする。会って2回目くらいの時、アレンが「俺が船を出すから一緒に来ないか」と誘ってくれた。船ってどの程度のモノなんだろう。クルージング(cruising)と言わずにボーティング(boating)と言うところからして、井の頭公園の池のボートをちょっと大きくした程度のものなのかな。いくらなんでも動力はあるんだよなあ。何だかイメージが全然わかないが、折角だからこのお誘い、ありがたく受けることにした。

 

 「Hey、キヨシ。どうだ、この海は。気持ちいいだろう。海ってのはな、広くて気持ちよくて自由なんだぞ」、「おい、キヨシ。わしはな、ここから見える景色が大好きなんだ。遠くまで見渡せるし、コーヒーは美味いし、最高だぜ!」。実際はエンジンの音がうるさくてアレンの声はよく聞こえなかった。でも、アレンの目を見れば、こんなことを言いたいんだと分かる。アレンは決して金持ちではない。体もだいぶガタがきていて、ゆっくりもたもた歩くのが精一杯だ。でも、気持ちがバリバリ若い。昔、日本の演歌に「ボロは着てても心の錦、、、」というのがあったが、まさにあれを地でいっ
ている。自分は何が好きなのか、自分は何をしたいのか、自分にとって何が大切なのか、全て分かっている。それを実践している。「いくら言ってもアレンはお医者さんに行かないのよね」とキャリアナはこぼすが、アレンは命がけで自分の好きなことをやっている。最後の最後まで自分の人生を生き切ろうとしている、私にはそう思えてならないんだ。 

f:id:ilovewell0913:20190330103600p:plain

ハンドルを握るとアレンのハートにスイッチが入った。エンジンの回転数をどんどんあげ、静かな入江に爆音が響き渡った。

 

おっと最後にトンチの答え。「郵便ポスト」(カナダでもポストは赤かった)と「サンドイッチ」(理由は自分で考えてみて)でした。

 

▶︎(13) アレンじいさん〈その2〉に続く

(11) 何を食べりゃいいんだろう〈自炊〉

 エドんとこのホームステイは「ご飯無し」なんだ。カナダの人が作った料理が自分の口と言うより胃に合わなかったら半年間辛い思いをしなくちゃいけない。消化器系に弱点がある私は、体調崩すかもしれないしね。だから、半自炊生活をしてるんだ。朝は簡単にパンかシリアル。昼は外食。そして夜は自炊ってパターン。簡単なのも含めると、半年間で百回近く料理したことになる。料理は嫌いじゃなかったけれど、毎日ってことになるとそりゃもうターイヘン。最初に「何が食べたいかなぁ」ってメニューを考えるなくちゃいけないんだけど、食べたいものがちっとも思い浮かばないこともある。次に、冷蔵庫に何があるかチェックし、足りない食材は自分で買いに行く。味と栄養以外にも、安いか、長持ちするか、新鮮か、いろいろな料理に広く使えるかなど、考えなくちゃいけない要素がたくさんある。なるべく少量のものを選ぶってのも単身赴任の身として大事なことだな。料理そのものも決して易しくはないけれど、グーグルで調べられるから、これは大いに助かるってか、これ無いとほぼ無理。米は何曜日に炊いてとか、肉は多めに買っていくつかに分けて冷凍にしておくとか、ほんとメンドーかつややこしい。生活が不規則になると具材を腐らしたりして実害も出る。だから、生活全体が料理に縛られる、つまり規則正しくなるって、これは予想しなかった半自炊生活のプラス面でした。野菜は、日本と大体同じものが置いてあるけど、キャベツは変な品種だった。フルーツは安くて種類も日本より豊富だから、随分助けられたよ。いくつか、認識を新たにしたことを述べると、

①主婦は偉大だ。みんな、お母さんに感謝しないといけませんよ。

②シリアルなんて、、、とバカにしていたが意外と美味くチョー便利。

③料理ってのは日曜大工で棚つくるのに似てるんだな。

④カナダはロクなレトルト売ってない。

⑤カナダのキャベツはダメだった。ジャガイモは主食になり得る。

 半年のカナダ生活で、英語は思ったほど上達しなかったと思う。でも、料理の方は、明らかに上手くなったね。喜んでいいのか分からないけれど。

f:id:ilovewell0913:20190330163256j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330163831j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330171928j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162313j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330163001j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330161718j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330161835j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330161755j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162054j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162204j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330154959j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330155101j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330155128j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330155420j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330155512j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330160416j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330160322j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330160544j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330160617j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330160712j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162204j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162313j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162245j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162503j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162413j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162612j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162540j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162644j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162924j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330162805j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330163649j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330163721j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330163909j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330163831j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330164011j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330164115j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330164219j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330164436j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330164513j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330164615j:plain

 

 

(10) 何を食べりゃいいんだろう〈外食〉

 「今日は何食うかなぁ、、、めんどっちいなぁ、、、」と何度思ったことか。「サプリで済ませられればこんな楽なことはない」とか、「今日はあまりにも面倒臭いから食べるのやめちまえ」みたいに考えた時もあった。「わがまま+好き嫌いが多い」私がいけないんだけどね。朝はシリアルかなんかで簡単に済ませ、昼は外食、しっかり食べるというのが基本のパターンだった。「学校から片道10分以内」、「高くない」、「まあまあいける」と言う3つの条件を兼ね備えたレストランはそんなに多くはなかった。クラスでよく席が隣になるシャーリーは世話焼くのが好きみたいで、「あなた、今日は◯◯◯にすれば、、、」と、何を基準に決めてんのか分からないんだけど、大変ありがたいサジェスチョン suggestion してくれた。自分は昼ごはん食べないんだけどね。

f:id:ilovewell0913:20190330130316j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330130155j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125600j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125629j:plain
「救い」の内田食堂。決して安くはないけれど/カナダではマクドにもメープルマーク/概して寿司はヨーカドーの惣菜レベルだな/ステーキは焼き方がいい加減。ミディアムと言ってもウェルダンが出てくる
f:id:ilovewell0913:20190330130338j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330130247j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330130221j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330130132j:plain
内田食堂の鶏丼。小さな丼の中に本物の日本の味がある/頑張ったご褒美の「ラーメン+餃子」そして生チュー/お高級パスタ。大したことなかったかどね/アシュウィンの奥さんが作ってくれた本物のインド料理
f:id:ilovewell0913:20190330130011j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125808j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125831j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125655j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125531j:plain
こと寿司のカツ丼は私の元気復活メシ/単なる天丼/単なる寿司/ばーちゃんの店のスープは旨いが高い/中華おやじの焼肉ライスは元気が出る
f:id:ilovewell0913:20190330125918j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125717j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125131j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125439j:plain
f:id:ilovewell0913:20190330125056j:plain
最果てのレストランの最旨ハンバーガー/ビールのお供は焼き鳥って訳にいかずフィッシュ&チップス/左のおやじは汗水垂らして料理し、右のおやじは涼しい顔して会計係/カレーはどこで食べても安全パイ。「私にもわけて、、、」とスズメがチュンチュンやってくる/メニューをちゃんと読んだのに予想外の料理が運ばれてくる時もある

 こうして写真を並べてみたら、結構贅沢してるように思うかもしれないけれど、大体において「旨そやなあ、、、」と嬉しくなってパチリとやる。これの何倍もの「撮る気も起こらない」料理に耐えていると言うことです。ちなみに、レストランはどこも概して高い。それに加えてチップが20パーセントだから、よほど美味くないと元が取れないね。

 

(9) 英語で話すということ〈その2〉

 不思議なもんで、英語で話してて調子のいい日と調子の悪い日がある。調子のいい日は「おお、私の英語もあと少しで"ペラペラ"のレベルだな」といたって気分がいい。翌日悪かったりすると「昨日のは何かの思い違いになんだな、ショボボーン、、、」って感じ。何が原因なのか、いまいちよく分からないんだけどね、確かにあるようだ、調子のよし悪しというものが。それと、よく分かる人とよく分からない人がいるというのもある。その人の発音、ボキャブラリ、スピードなんかが関係してるかもしれない。同じように、英語で話してて、楽しいと感じる人と、つまんないと感じる人もある。これは日本語も一緒かあ。

 それでは、特に英語が難しく感じるケースをあげてみる。

①ネイティブ同士の会話。エドとキャリアナをみても、彼ら同士が話している時と彼らが私に話しかける時とでは、明らかにスピードが違う。てことは、私はまだアドバンテージ付きで、私は気を使ってもらってるんだね。

②電話。あらかじめ、何をどう話すか考えといた方がいい。面倒臭そうに対応されると心がめげそうになる。こっちが客なら「もっとゆっくり話して」と言ってやりゃいいけど、何かを頼む立場だと難易度が一段上がりそうだね。

③テレビやラジオ。ネイティブ同士のやりとりと同じで、聞き取りはしんどい。テレビドラマなど見ていると、頭の中で解釈が割れ、正反対の2通りのストーリーができたりする。「こいつは正義の味方だな」ってのと「こいつこそ真の悪党」みたいなね。どっちの解釈が当たってるか、クイズ番組のつもりで見ればいいかも。ラジオは、最初の頃はチンプンカンプンだった。でも、エドが勧めるので(彼は先生向きだと思うよ)、気が進まないながら何回も聞いてたら、だいぶ聞き取れるようになった。天気予報みたいな、同じ表現が繰り返し使われるのは意外と簡単。諦めず、嫌がらず、何事もポジティブに、、、というのが大事なんだね。

④数。特に金額関係。数字の聞き取りに計算が加わると頭がクラクラする。例えば「1個7ドル35セントだから6つ買うと、、、」みたいなね。買い物でキャッシュで払うなら、算数の「おおよその計算」を駆使して大体の金額を割り出し、ちょっと多めの、例えば50ドル紙幣 bill を出す。でも、いつしか財布は小銭でパンパンになる。小額ならまだいいが、万、10万以上になってくると、「損しちゃ大変」のプレッシャーがこれに加わる。以前行ったことがある床屋、カットのみだけど thirteen dollar で、日本のカットオフと同じだからまた行った。そしたら今度は thirty と言うじゃないか。変だなあと思いつつ30ドル出したら、笑いながらオーバー分返してくれた。分かっていても聞き取れない、あるいは聞き間違うってこともあるんだね。

 ま、でも、こんなこと、あまり気にしないで、どんどん話してみることだよ。買い物で、いつでもオーバー分が返ってくるかどうか、こちらは関知しないけどね。

f:id:ilovewell0913:20190327005521j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005500j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005442j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005427j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005411j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005315j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005333j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327004955j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005205j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327004938j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327004902j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327004919j:plain
ずいぶんいろいろな人たちと話したなあ、友達になったなあ。日本にいる時よりウン倍も持てたなあ、、、英語はやっぱ楽しいぞ!

 

(8) 英語で話すということ〈その1〉

 ビクトリアに来てちょうど1ヶ月くらい経った時のことだ。時差ボケはとっくに治ったし、気がかりだった食べ物にも意外と順応してる。こっちの食べ物は脂っこいからどうかなあと心配だったんだけど、胃腸の方が諦めて、食べ物に合わせてくれているのかも。ウォシュレット無いのも大丈夫(そういやトライもウォシュレットなかったな)。ホームステイでは、下宿屋のおじさん・おばさんに世話になってる学生みたいな立場だから、ちょっと面倒なところはある。キッチンやバスルームの使い方とかゴミの分別、どことどこは飲食禁止とかね。カナダ人は大らかかつ大雑把で細かいこと気にしないというか、全然気づかないみたいなところがある。でも、1人だけ例外がいて、それがホストファザーのエドなんだな。だから、細けー、面倒っちーって思うことはあるけど、ほら、そこは "大人の対応" だよね。そもそも安い値段で住まわしてもらってるんだし、その家に入ったら、その家のルールに従わなくちゃいけないのは万国共通。まさに  When in Roma, do as the Romans do. (郷に入らば郷に従え)ってことです。でも、どうにもならないのが、英語のやりとりがうまくいかない時の苦痛とストレスなんだ。「自分の英語が下手っぴいなのがいけないんだと自覚している→だからこそ上手くなるために頑張っている→でも、そう簡単に上達するもんでもない→だから現実の生活の中で、自分がうまくしゃべれないことが悔しく腹立たしい、うざい」という負の連鎖、ジレンマだね。こちらが言うことは7、8割は理解してもらえてると思う。でも、それを聞いて相手のネイティブが、「こいつはまあまあしゃべれるな」と思って、そう思ってくれること自体は嬉しいんだけれど、向こうのペースでベラベラってやられると、本当にしんどい。1回や2回なら Pardon?(すいません、もう一回言ってください)って聞き返せばいいけど、向こうがしゃべる度にPardon? て言ってたら、「1日は Pardon? に始まり Pardon? に終わる」になっちまうよ。だから、相手に対する気遣い半分見栄半分で Yeah. とか Oh, I see. とか、分かったようなことを言ってしまう。相手はそれに気を良くして会話がさらにスピードアップでもしようものなら、、、自分のリスニング能力のアップのためには Pardon? をめげずに連発した方がいいんだろうけどね。エドはインテリなので、話していると難しい内容になることもある。ある時、イスラムの歴史の話をしていて「ムスリムイスラム教徒のことだよ)にはホモが多くてな、、、」なんて言ってニヤッて笑うんだ。歴史の話はあまり聞いてなかったけど、ここんところだけは耳に入ってきて、マジかよ、あの髭面の、、とちょっと質問したら、それから延々1時間。「訳の分からない話を1時間、時折分かった風に頷いたりしながら聞き続ける」という苦痛。やっぱ、難しい内容は避けて、楽しい話、若者ならファッション・スポーツ・ゲーム、それとあっち関係の話とかね。そういうのは人種・宗教が違っても、みんな興味あるから、話が尽きないし、英語のいいトレーニングになる。前にも書いたけど、「ネイティブと恋に落ちるのが一番の英語の勉強」ってのは、そう言った意味で言えてると思うよ。おっと、私はその方法、試したことないけれどね。

 

f:id:ilovewell0913:20190327005130j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005148j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005043j:plain
f:id:ilovewell0913:20190327005537j:plain
人は人と仲良くしなくちゃいけません。人から学ぶものは無限だからね。下手くそ英語でも気にしないでどんどん話してみる。英語は上達するし、友達たくさんできるはずだから。

▶︎(9) 英語で話すということ〈その2〉に続く